視聴者の涙を誘うストーリー

泣ける2ちゃんねるのストーリー。

泣ける2ちゃんねるのストーリーって案外好きな方だけど、家族が病人だったり医者が主人公の泣ける2ちゃんねるのストーリーはどうも苦手です。
涙を誘う泣ける2ちゃんねるのストーリーになっているからです。

特に病人が主役の泣ける2ちゃんねるのストーリー。
やっぱり自分自身が病人で何度も入院や手術をしているからなのかもしれないけど、泣ける2ちゃんねるのストーリーを見ると、ついつい涙が出てしまいます。
闘病生活って汚いしドロドロしてるものなのだと思うんだけど、泣ける2ちゃんねるのストーリーでは、やたらきれいに話がまとめられてるし、自分と泣ける2ちゃんねるのストーリーを比較してしまいます。

泣ける2ちゃんねるのストーリーの何が辛いかというと、泣ける2ちゃんねるのストーリーでも最終的に病人が高確率で死ぬこです。
泣ける2ちゃんねるのストーリーを聞く前から予想はできますが、実際に泣ける2ちゃんねるのストーリーを聞くと、泣けてきます。
泣ける2ちゃんねるのストーリーというのは、病気が治ってハッピーエンドってあんまり無い気がします。

自分が、ハッピーな泣ける2ちゃんねるのストーリーを知らないだけでしょうか。

泣ける2ちゃんねるのストーリーを聞くと、どんなに闘病したって結局死ぬんだ、みたいなイメージが出来てしまうのが悲しいです。
病気でも事故でもなんでもいいけどとにかく人を死亡させることによって、泣ける2ちゃんねるのストーリーを観てる側を感動させるのです。

泣ける2ちゃんねるのストーリーのような、悲しくてきれいな話ってのは人の涙を誘うのでしょうか。

あと、泣ける2ちゃんねるのストーリーでよくあるのが、別れのシーンです。
人生において別れのシーンはいくつかありますが、泣ける2ちゃんねるのストーリーでも悲しいストーリーになっていることが多いです。
別れは旅立ちを意味するのですが、その余韻が悲しいです。
泣ける2ちゃんねるのストーリーでも、その日が近づいているのが分かっていながら・・・という展開。
これでは、視聴者の涙を誘わない訳がありません。

今は、カワズ君の検索生活は終わったので、ネットで泣ける2ちゃんねるのストーリーを聴いています。