視聴者の涙を誘うストーリー

泣ける2ちゃんねるのストーリー。

泣ける2ちゃんねるのストーリーって案外好きな方だけど、家族が病人だったり医者が主人公の泣ける2ちゃんねるのストーリーはどうも苦手です。
涙を誘う泣ける2ちゃんねるのストーリーになっているからです。

特に病人が主役の泣ける2ちゃんねるのストーリー。
やっぱり自分自身が病人で何度も入院や手術をしているからなのかもしれないけど、泣ける2ちゃんねるのストーリーを見ると、ついつい涙が出てしまいます。
闘病生活って汚いしドロドロしてるものなのだと思うんだけど、泣ける2ちゃんねるのストーリーでは、やたらきれいに話がまとめられてるし、自分と泣ける2ちゃんねるのストーリーを比較してしまいます。

泣ける2ちゃんねるのストーリーの何が辛いかというと、泣ける2ちゃんねるのストーリーでも最終的に病人が高確率で死ぬこです。
泣ける2ちゃんねるのストーリーを聞く前から予想はできますが、実際に泣ける2ちゃんねるのストーリーを聞くと、泣けてきます。
泣ける2ちゃんねるのストーリーというのは、病気が治ってハッピーエンドってあんまり無い気がします。

自分が、ハッピーな泣ける2ちゃんねるのストーリーを知らないだけでしょうか。

泣ける2ちゃんねるのストーリーを聞くと、どんなに闘病したって結局死ぬんだ、みたいなイメージが出来てしまうのが悲しいです。
病気でも事故でもなんでもいいけどとにかく人を死亡させることによって、泣ける2ちゃんねるのストーリーを観てる側を感動させるのです。

泣ける2ちゃんねるのストーリーのような、悲しくてきれいな話ってのは人の涙を誘うのでしょうか。

あと、泣ける2ちゃんねるのストーリーでよくあるのが、別れのシーンです。
人生において別れのシーンはいくつかありますが、泣ける2ちゃんねるのストーリーでも悲しいストーリーになっていることが多いです。
別れは旅立ちを意味するのですが、その余韻が悲しいです。
泣ける2ちゃんねるのストーリーでも、その日が近づいているのが分かっていながら・・・という展開。
これでは、視聴者の涙を誘わない訳がありません。

今は、カワズ君の検索生活は終わったので、ネットで泣ける2ちゃんねるのストーリーを聴いています。


人の優しさや温もり

久しぶりに寝不足になったものがあります。
泣ける2ちゃんねるのことです。

泣ける2ちゃんねるのストーリーそのものは一般的なもので、特に趣向を凝らしているというわけではなく、日常のちょっとしたことや思いが、短いメッセージに込められています。。

しかし、泣ける2ちゃんねるの話は単調にならないようにところどころで工夫されており、決して飽きない作りになっています。
泣ける2ちゃんねるの良いところはこの読み出すと止まらなくなるところでしょう。
電車など移動中で、泣ける2ちゃんねるを読むとついつい乗り過ごす可能性があるので注意が必要です。

泣ける2ちゃんねるに登場するフレーズは座右の銘というか、いつも側に置いておきたいと思われる箇所も多いと思います。
泣ける2ちゃんねるは筆者の本棚に読み返したい本としても取り上げてもいいと思います。
いつのまにやら日付が変わっていることもしばしばなので、じっくりと読み込んでほしいです。
これからも、泣ける2ちゃんねるほど、涙を誘うメッセージにはまずお目にかかれないでしょう。

人と人との温もり。
このテーマでは、泣ける2ちゃんねるはおすすめです。
なんといっても、泣ける2ちゃんねるは対象レンジが広いです。
実体験ほど参考になるものはないとよく言われますが、泣ける2ちゃんねるはまさしくその通りです。
なかなか難しいところも、泣ける2ちゃんねるを使って上手に説明しています。
文章の流れが非常によく、一気に読みきれます。
それでいて内容はしっかりしているのが、泣ける2ちゃんねるです。

物事は全体像を把握することが大事です。
泣ける2ちゃんねるは、どんな世代や年齢の人でも使えるメッセージです。
さらに、ネット初心者だけではなく、中級者にも役立つ内容となっています。
泣ける2ちゃんねるは、誰しもまず読んでおかなければならないと思っています。
泣ける2ちゃんねるは高度な内容でも、作者の言葉で読みやすく解説してあり、理解しやすいのが特徴です。

人の優しさや温もりを感じたい。
そんな人は、泣ける2ちゃんねるを聴いてみてください。

泣いたらなぜか優しくなれます

1日400万人に認知されている、巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」ですが、その外部に「泣けるログだけ」を編集されたサイト「泣ける2ちゃんねる」があり、隠れた人気となっています。

泣ける2ちゃんねるは、2ちゃんねるの膨大なスレッドの中から、泣ける話ばかり集めたものです。
ちょっと心が疲れたとき、喧嘩したとき、辛いときに・・・泣ける2ちゃんねるを読んでみてください。

泣ける2ちゃんねるを読んで、泣いたあと、なぜか優しくなれます。

「泣ける2ちゃんねる」を読んでみたい人に、うってつけのサイトがあります。

「泣ける2ちゃんねるマガジン」というサイトです。

http://ameblo.jp/nakeru2chmagazin/

泣ける2ちゃんねるのレスを漫画化しているブログで、まとめページもあります。

http://nakeru2chmagazine.jpn.ch/

泣ける 2 ちゃんねる flash

フラッシュで泣ける 2 ちゃんねるを構成しています。

http://members.at.infoseek.co.jp/possibilit/flash/n_2ch.swf

YouTubeで「泣ける2ちゃんねる」を見たい人ならここです。

YouTube - 泣ける2ちゃんねる-ゴラァ-

http://www.youtube.com/watch?v=icQUVUzXMnE

泣ける2ちゃんねるのメッセージのテーマは、このようになっています。

・父母
・共に生きた兄弟
・愛しい娘・息子たちへ
・祖父母のあたたかさ ・友情を忘れない
・恋人たちの情景
・愛する者たちとの死別
・ペットの命の重さ
・巷に溢れるいい話
・ホロリとくる切ない話
・心に染みる手記

まだ観たことのない人はもちろん、何回でも観たい人は行ってみてください。

KOKIAの「ありがとう…」

「泣ける2ちゃんねる」のメッセージを読んだ人の8割が泣いてしまうというのが、「泣ける2ちゃんねる」です。
この番組は、2チャンネルの掲示板の書き込みのなかから「泣ける」ストーリーを毎週紹介するという企画で、昨年11月末のスタートからこれまでに、亡くなった病気の母との最後のやりとりや感謝の言葉を綴るもの、男手ひとつで耳の不自由な息子を育てた父へ贈る「父の手話」、26年連れ添った夫婦の「結婚してよかっ
た」という話などが紹介され、出演者の涙を誘っています。
 
このコーナーで、ストーリーの語りとともにオンエアされていた曲が、KOKIAの「ありがとう…」です。
涙なしには観られないそれぞれのストーリーが、楽曲の切ないメロディ、もう会えない人へ感謝の気持ちを伝えたいという歌詞とともに視聴者の心にささっているようです。
 
今ネットの世界では「あれはだれの曲?」との話題が頻繁に掲示板などに上り、KOKIAが1999年に発表された楽曲ながら、ここ最近でPC向けの音楽配信や、着うたのダウンロードなどが急増しています。

こちらのサイトで、「泣ける2ちゃんねる」の「ありがとう…」を読むことができます。

http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6133&msgfull=yes

KOKIAの「ありがとう…」がBGMで流れていて、思わず涙を誘ってしまいます。

KOKIAの「ありがとう…」ダウンロードはこちらから

http://pc.music.jp/product/detailartist.aspx?aid=227
http://listen.jp/store/album_pcda01169.htm

こちらでも、KOKIAの「ありがとう…」が聴けます。

http://www.youtube.com/watch?v=biavjISGmAs&eurl=http%3A%2F%2...
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6133

泣ける2ちゃんねる

「泣ける2ちゃんねる」というのは、フジテレビの「カワズ君の検索生活」という番組のコーナーとして取り上げられてから、一躍有名になりました。

フジテレビの「カワズ君の検索生活」は、2006年10月14日(土)にスタートした毎週土曜日 深夜23:00〜24:00に放映していました。
お笑いコンビのくりぃむしちゅー、上田晋也と有田哲平、そして、青木さやか、松嶋尚美(オセロ)、阿部知代(フジテレビアナウンサー)がキャスターとして出演していた番組です。

元もとこのコーナーは、あの巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」に、書き込まれた「泣ける話」を取り上げたもので、「カワズ君の検索生活」ではなく、「2ちゃんねる」から生まれたモノです。

今までに、「2ちゃんねる」の泣ける話が本になって出版されています。

泣ける2ちゃんねる (単行本(ソフトカバー))
泣ける2ちゃんねる管理人 (編集), 2ちゃんねる (著)

あの巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」に、書き込まれた「泣ける話」の集大成がこの一冊目に載っています。

胸に秘めて言葉に出せない気持ち、どうしても言えなかった一言、宝石のように輝く思い出たち…。
1日に数百万人が訪れるという2ちゃんユーザーが投稿した珠玉の書き込みを、厳選して一冊にまとめられています。

泣ける2ちゃんねる(2) (単行本)
佐々木 大柊 (著), 2ちゃんねる (著)

あのミリオンセラー「電車男」を産んだ巨大コミュニティ・2ちゃんねるに書き込まれた「泣ける話」書籍の第二弾がこれです。
一日に百万以上の投稿があるという2ちゃんねる。
その膨大な書き込みの中から、心に沁みいる話・いい話・切ない話等の「泣ける話」だけを厳選してまとめてあります。
人生の深み、悲しさ、そして喜びが詰まっています。

泣ける2ちゃんねる III
泣ける2ちゃんねるシリーズの3冊目は、2007年5月25日に発売されました。

苦しみもかなしみもいつの日か輝きにかえてみせる(「2ちゃんねる」の書き込みより)−変動している社会の中で、家族関係をはじめとした人間関係が大きく変わりつつあります。
血縁のない家族も増えているようですし、労働環境にもさまざまなきしみが出ている昨今、何かを呼び覚ますのがこの本であると思います。この本には人生があります。
あなたも、きっと何かを感じられるはずです。
ぜひ手にとってみてください。
本書は「2ちゃんねる」およびまとめサイトである「泣ける2ちゃんねる」の協力を得ての第3集です。

泣ける2ちゃんねる(旧サイトは、一時停止していましたが、復活しました。
泣ける2ちゃんねるケータイ版もあります。

そして、カワズ君の検索生活で流れていたKOKIAの「ありがとう・・・」がMAXIシングルで再発売中です。